製菓の高校に通う【践を通じて知識とスキルを学べます】

様々な場で活躍できる

複数の人

学びやすい環境がある

社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれる社会福祉のスペシャリストです。社会福祉士は公生労働省が定める国家資格でもあります。社会福祉士の資格は多くの現場で求められており、幅広い分野で活躍することができます。福祉の現場や行政期間、医療現場や教育の場でも社会福祉士の需要があります。福祉施設では、施設の長となる要件となっているケースもあります。様々な場で活躍が期待できる資格であるため、とても人気の資格となっています。新潟にも多くの介護施設や福祉関連の仕事があります。自分の資格を活かし、新潟で社会福祉士として活躍することができます。活躍の場の多さの他に、資格取得のための学習のしやすい環境も人気の要因となっています。社会福祉士の資格を取得するためには、受験資格を得る必要があります。福祉系の大学で所定の単位を取得して卒業した方は、そのまま社会福祉士試験を受験することができます。福祉系短大や社会福祉主事養成校を卒業した方は、短期養成施設で学ぶと受験資格を取得することができます。福祉系以外の学部で大学を卒業した方は、一般養成施設で1年以上学ぶことで受験資格を得られます。高卒や短大卒の方も一定の実務経験を経ることで一般養成施設で学ぶことができます。それぞれの立場によって、自分に最適なルートで受験資格を得ることができる点も魅力です。養成施設には、通信の学校もあります。仕事をされている方や子育て中の方も通信制の養成校を利用すれば、負担なく学ぶことができます。新潟にも養成校はあります。また、全国各地に養成校はあり各地から生徒を受け入れているので、新潟で資格取得を目指しやすい環境となっています。資格取得後の幅広いフィールドと、個々に合わせた学びやすい環境が社会福祉士の人気に繋がっているのです。