製菓の高校に通う【践を通じて知識とスキルを学べます】

パティシエになる方法

調理器具

他の人より早く

製菓の高校を選ぶ一番のメリットは、いち早く現場に行き、経験を積むことができることだ。高卒で就職できるので、専門学校に1、2年間通ってから就職する人よりも1、2年分多く現場で修行できる。製菓の高校では、多くの場合、専門学校で製菓の講義や実習の授業と、提携している高等学校での一般科目の授業を受け、卒業と同時にその高校の卒業資格が得られる、というシステムになっている。専門学校の講義では、デザインや、栄養学、食品衛生学など、働くときや独立開業するときに役に立つ知識を得ることができる。実習と講義の比率は学校によって様々だ。また、製菓衛生師の資格の取得も目指す。高卒の資格を得られるので、卒業後の進路を広げることができる。卒業後にさらに学びたい場合には大学や短大に進学することもできる。製菓の高校では、高校卒業後に通う製菓専門学校と同じような高いレベルでの授業を受けることができる。プロ教師に教えてもらったり、一流のパティシエを招いてデモンストレーションの授業をしてもらうこともある。実際の現場に立たせてくれる学校もある。また、アルバイトのサポートがある学校も多い。自力で学費を払いながら学ぶ、サポートをしてくれる。海外の学校に留学、研修できる学校もある。フランスなどに行き、本場の空気を知ることで、さらに成長できるだろう。中学卒業して、早くパティシエを目指したい、製菓の勉強がしたいという人は、一度製菓の高校に通うことを考えてみてはいかがだろうか。