製菓の高校に通う【実践を通じて知識とスキルを学べます】

福祉のエキスパート

女性

なるための方法と将来性

社会福祉士とは、福祉が必要な人からの相談をもとに、適切なサービスを紹介するという仕事です。福祉のエキスパートであり、新潟でも多くのニーズがあります。社会福祉士は国家資格であり、受験資格を満たした上で試験を受けて合格しなければ社会福祉士となることはできません。受験資格を満たすには非常に多様なルートがあります。最も早いのが福祉系の大学で四年間学ぶことですが、それ以外にも実務経験を一定期間以上つむことで受験資格は得ることができます。非常に細分化されたルートがあり、学歴によっても異なります。また頻繁に改正されているため、その都度確認しておくのが重要です。新潟でなろうと思ったら、大学に行くのがおすすめですが、それが費用的に難しいのならば新潟の福祉施設など指定の施設で実務経験をつむのもおすすめです。実務経験をつむことで逆に学習内容が身につきやすくなるというメリットもあります。社会福祉士は相談業務が主な仕事内容ですが、必ずしも相談業務を行う人が社会福祉士である必要はありません。そのためニーズは高いのですが、実際に働くときは別の仕事を行う場合もあります。新潟の介護施設で働く場合は、介護士として働くのがメインになることもありえます。相談業務に専念したい場合は公務員などを目指すという手もありますが、かなり競争は激しくなっています。福祉利用者は高齢者を中心に増加傾向にあるため、ニーズも高いのですが、仕事内容がマッチしているとは限らないので注意が必要です。