製菓の高校に通う【践を通じて知識とスキルを学べます】

複数の人

様々な場で活躍できる

社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれ社会福祉の専門家として厚生労働省が定めた国家資格です。社会福祉士は、福祉の現場や行政機関、医療や教育の場など幅広い分野で活躍することができる資格です。通信制の養成校で学ぶなどすれば受験資格が得られるので、新潟でも学びやすい環境となっています。

詳しく見る

パティシエ

親とよく相談を

製菓コースがある高校は全国的に多くないですが、いくつかあります。選ぶときはカリキュラム、取れる資格、卒業後の進路、立地、学費などをチェックして選ばねばなりません。親とよく話し合うことも重要で、説得するためにもしっかりと調べておく必要があります。

詳しく見る

男性

目指す道は一つじゃない

新潟県の専門学校に通い社会福祉士を目指す際には、200万円程の学費が必要になりますが、専門分野をしっかり学べるので国家資格合格の確率は非常に高くなります。学費を抑えたいのであれば、通信教育課程や一般的な通信講座を利用する道もあるので、状況により検討してみましょう。

詳しく見る

パティシエになりたい

女性

早く一人前になるには

色とりどりに並ぶおいしそうなスイーツを作り出すのが、パティシエと呼ばれる職人です。パティシエは性別を問わず人気の職業として知られ、特に若い女性の憧れの職業としてよくあげられています。パティシエになるために必要とされる資格は特にないとされますが、ただしお菓子作りに関する高度な知識やスキルがなければ一人前の職人として扱われることはないでしょう。パティシエになるには、洋菓子店やレストラン、ホテルのスイーツ部門等で一から修行し、現場で知識とスキルを身につけて一人前のパティシエになる方法と、製菓専門学校で基本的な知識とスキルを学んでから店等の現場で働く方法の2つが代表的です。一から修行する方法は、早く現場の空気を肌身に感じることができ、実践を通じて知識とスキルを学べますが、ただしその知識とスキルは店独自のものの可能性があり、その場合のちに他店で働いた時には応用が効かないという心配があるのです。一方製菓専門学校は、どこであっても通用する基本的な知識とスキル、またそれを応用できるような体系的な指導が行われているため、卒業後どこで働いてもパティシエとして充分通用できます。このようなことから、現在パティシエを目指す人の多くは製菓専門学校で学んでいるのです。また、製菓専門学校は高卒で入学するだけでなく、中卒で入学する人も少なくないのです。パティシエには非常に高度なスキルが必要とあって、専門学校卒業後に店等に就職してもかなり長期の修行が必要です。そのため、高校を卒業してから専門学校に入るより、中学を卒業してから入学した方が早く一人前のパティシエになることができるのです。さらに、製菓専門学校の多くは中卒で入学した学生のために、通信高校と連携して高校卒業資格が取得できるコースを設けています。このコースは、パティシエとして必要な知識とスキルを学べ、同時に高校卒業レベルの知識も得られると好評です。

調理器具

パティシエになる方法

製菓の高校に通うことの一番のメリットは、いち早く現場に行き、経験を積むことができるということだ。学校では、専門学校で製菓の講義と実習の授業を受け、提携している高校の一般科目の授業も受け、高校卒業資格をとる。海外の学校に留学できる制度や、アルバイトのサポートがある学校もある。

詳しく見る

女性

福祉のエキスパート

社会福祉士は福祉のエキスパートで、その人に必要な福祉サービスを紹介するという仕事です。国家資格であり、受験資格を得るには非常に多様なルートがあります。学歴と実務経験が肝で、新潟でなる方法にも様々なものはあります。将来性はありますがその内容は千差万別なので注意が必要です。

詳しく見る